不妊治療

fertility treatments

患者様おひとりおひとりのからだに合わせた、自然の生理周期を活かした方法で自然に近い形での妊娠を目指します。
無痛採卵対応も可能です。

当院での不妊治療の順序

治療成績

No 年齢 TCR+FT施術日 方法
1 29 2019年2月2日 タイミング
2 30 2019年3月26日 タイミング
3 37 2019年3月30日 タイミング
4 31 2019年2月2日 タイミング
5 30 2019年4月13日 タイミング
6 33 2019年4月20日 タイミング
7 26 2019年6月11日 タイミング
8 30 2019年6月29日 タイミング
No 年齢 TCR+FT施術日 方法
1 27 2019年3月28日 AIH
2 35 2019年6月4日 AIH
3 30 2019年7月6日 AIH
4 32 2019年7月11日 AIH
5 31 2019年7月30日 AIH
6 32 2019年8月6日 AIH
No 年齢 TCR+FT施術日 方法
1 32 2019年9月3日 IVF後の凍結融解胚移植
2 36 2019年4月13日 IVF後の凍結融解胚移植
3 34 2019年6月1日 IVF後の凍結融解胚移植
4 33 2019年6月20日 IVF後の凍結融解胚移植
5 30 2019年5月14日 IVF後の凍結融解胚移植

治療のスケジュール

FT手術を受けて卵管を開通させてからはじめる不妊治療

『卵管』の働きって?

卵巣の表面の卵胞から排卵した卵子は、卵管采(らんかんさい)でピックアップされ、卵管膨大部で精子と出会い受精します。そして受精卵となり卵管内を発育(分割)しながら進んでいきます。つまり、“受精の場”としての働きと、“発育の場”としての働きがあります。受精卵は、受精卵→2細胞→4細胞→8細胞→受精後4日目:桑実胚(そうじつはい)→受精後5日目:胚盤胞(はいばんほう)と発育していき、受精後5日目:胚盤胞の状態で子宮内膜に着床します。
卵管に問題があると、この発育がうまくいかず、子宮内膜に着床する=妊娠することができません。

卵管の問題を解決する『FT手術』ってなに?

FT手術は日本語で『卵管鏡下卵管形成術』といいます。卵管鏡という細いカメラと圧力で膨らんだり萎んだりするバルーンを操作して膣側から行います。クラミジアなどの感染症で卵管が狭くなったり、完全に閉塞したりといった卵管の問題を手術で治療する方法です。自然妊娠では妊娠が期待できず体外受精(高度不妊治療)に進むしかなかった症例も『FT』による治療を受けることで、妊娠が期待できるようになりました。
当院では、このFT手術を1泊2日(場合によっては日帰りも可能)の入院で行い、術後は外来に通院しながらタイミング法による自然妊娠を目指すことが可能です。
 手術の方法は、狭くなってしまっている方の卵管の入り口まで卵管鏡とバルーンを進めて固定し、バルーンをふくらませたり縮めたりしながら卵管の中を進めていきます。バルーンの大きさは1.25mmでふくらませるときに6気圧、縮めるときは2気圧にして卵管内を広げて進めていき、卵管の閉塞部の再開通を試みます。

『タイミングから自然妊娠を目指したい(一般不妊治療)』コース

FT手術終了後、3クールのタイミング治療で妊娠成立を目指します。

対象:推奨年齢29歳まで且つAMH値:2.0ng/ml以上

タイミング法の妊娠確率は?

タイミング法とは、超音波検査で卵子が入っている袋の大きさを計測して、排卵日を推測します。その推測される排卵日に夫婦生活を行う方法です。妊娠率は、年齢によって大きく差がありますが、一回当たり30%程度とされています。
逆にタイミング法を3回行っても妊娠に至らない場合は、引き続きタイミング法を行って妊娠に至る確率は5%以下であることが分かっています。

『人工授精(AIH)から自然妊娠を目指したい(一般不妊治療)』コース

FT手術終了後、3クールの人工授精(AIH)で妊娠成立を目指します。

対象:推奨年齢35歳まで且つAMH値:1.5ng/ml以上

人工授精の妊娠確率は?

人工授精とは、排卵日にご主人の精液をカップに入れて持参していただき“元気で正常な精子”だけを集めて、“子宮内に直接注入する”という方法です。
基本的にタイミング法と大きくは変わりませんが、“元気で正常な精子”だけを集めて“子宮内に直接注入”するため、ご主人の精子の状態が好ましくない場合と子宮の入り口の問題で精子が卵子と出会えない場合に有効です。これも妊娠率は、年齢によって差がありますが、10%程度とされています。

『できる限り早い妊娠を目指したいから体外受精でチャレンジ(高度生殖医療)』コース

高度生殖医療を駆使し、早い妊娠成立を目指します。

対象:上記2コースに当てはまらない人

10カ月で結果が出なければ、どうすればいい?

『FT』による治療を行ってから10カ月を経過しても妊娠に至らない方は、『卵管』の問題のほかに原因が重複して存在する可能性が高いと考えられます。この場合は、自然妊娠にこだわることをせず、可能な限り早く体外受精(高度不妊治療)による治療に進むべきです。厳しいようですが、いたずらに結果の出ない治療を続けることは、患者様の卵巣年齢を下げることにつながってしまうからです。

体外受精(高度不妊治療)と『FT』

『卵管』の問題としてよくある卵管留水腫という疾患があります。
卵管の炎症などで卵管に滲出液が溜まって卵管が腫れている状態のものをいいます。この卵管が腫れている状態のまま『卵管』の治療をせずに体外受精を行った場合、受精卵の着床が妨げられ、妊娠率が大幅に下がることが分かっています。
『FT』が開発される前には、体外受精を行う前に腫れている卵管を手術で切除してから、受精卵を子宮に戻す(胚移植する)ことがよく行われていました。腫れている卵管から子宮内に流れ出る物質が、受精卵に悪い影響を与えると考えられてきたためです。
いまでは『FT』を体外受精前に行うことで、卵管を切除することなく、体外受精(高度不妊治療)による妊娠率の向上が期待できます。

卵質改善治療

まずは妊娠前に体を整え、状態の良い卵子を採ることが不妊治療の第一歩です。
卵子の状態は、年齢だけではなくストレスや体調により様々な影響を受けます。当院では、体の不調を発見する検査、老廃物を洗い出す治療による卵質改善を行っております。

体内栄養解析(サプリ採血)

血液検査・尿検査の結果からご自身の栄養状態を知ることができます。

おひとりおひとりに合ったサプリメントの提案を受けられ、母体にとって最適な栄養素の摂取ができます。他にも、疲れやすい、肩がこる、元気が出ない・・・体全体の不調の原因も見えてきます。
栄養解析療法のご案内

体内デトックス点滴療法

人間の体には、亜鉛、鉄、マンガンなど微量な金属が含まれており、それら有害な重金属の蓄積により、貧血、疲労感、頭痛、情緒不安定など様々な症状があらわれます。

キレーション(当院における体内デトックス点滴療法)は、人体にとって不要な有害金属の体外排泄を促します。強い抗酸化作用があるため、卵子の老化予防、アンチエイジングはもちろん血行改善や美肌にも効果的です。
※栄養解析で銅の値が高い方にご案内しております。点滴療法単体をご希望頂いても致しかねますので、ご了承ください。

担当医師

西原富次郎
土橋正人(男性不妊外来)

不妊治療の費用について

採卵~凍結保存までの新料金は、『基本料金』+『個数加算』の組み合わせとなります。

A:採卵費用 + B:胚培養費用(IVM・媒精費用含む) + C:顕微授精費用 + D:凍結保存費用
それぞれにつき、実施個数により個数加算料金が発生します。

A:採卵費用

  採卵個数
1個
採卵個数
2個
採卵個数
3個
採卵個数
4個以上
基本費用 60,000円
個数加算 基本料金に含む 20,000円 40,000円 60,000円

B:胚培養費用(胚盤胞までの培養費用・ IVM費用含む)

  実施個数
1個
実施個数
2個
実施個数
3個
実施個数
4個以上
基本費用 100,000円
個数加算 基本料金に含む 20,000円 40,000円 60,000円

C:顕微授精(ICSI)費用

  実施個数
1個
実施個数
2個
実施個数
3個
実施個数
4個以上
基本費用 40,000円
個数加算 基本料金に含む 20,000円 40,000円 60,000円

D:凍結胚保存費用

  実施個数
1個
実施個数
2個
実施個数
3個
実施個数
4個以上
基本費用 20,000円
個数加算 基本料金に含む 20,000円 40,000円 60,000円

※採卵までの準備費用(排卵誘発・ホルモン検査・超音波検査費用など)は含まれておりません。
※採卵日が休日の場合は、20,000円加算させていただきます。また、月~土曜日で、ご本人の都合による8時以前および18時以降の場合も20,000円を加算させていただきます。(休日・時間外加算)
●すべて税別です。なお、お支払いにはクレジットカードが使用できます。

お会計の時期(2回に分けてお支払いいただきます)

採卵当日
(濃い青色の項目)
A:採卵費用      基本費用 + 個数加算
B:胚培養費用     基本費用
C:顕微授精費用    基本費用
無痛採卵加算費用  (実施した場合)
スパームセパレータ (使用した場合)
休日・時間外加算
次回診察時 B:胚培養費用      個数加算
C:顕微授精費用     個数加算
D:凍結胚保存費用    基本費用 + 個数加算
その他のオプション費用

オプション費用

無痛採卵加算費用 30,000円
射出精子凍結保存費用 20,000円 (1回分=凍結容器1本)
TESE精子の凍結保存費用 40,000円 (5回分=凍結容器5本)
凍結物(胚・卵子・精子)保管管理料(初年度) 30,000円 (1年毎の更新制)
凍結物(胚・卵子・精子)保管管理更新料 30,000円 (1年毎の更新制)
凍結精子の融解料 10,000円 (凍結容器1本につき)
人為的卵子活性化処理(カルシウムイオノフォア) 15,000円
精子運動性賦活化処理(ペントキシフィリン) 15,000円
スパームセパレーター 25,000円
GM-CSF培養液使用(胚培養・SEET・胚移植) 30,000 円 (1周期につき)
精巣精子採取費用(TESE) 200,000円 (凍結費用は別途)

●すべて税別です。なお、お支払いにはクレジットカードが使用できます。

E:凍結融解胚移植(ERA 検査周期・胚移植周期)費用

■ERA検査周期

SEET法 30,000円
ERA検査(子宮内膜着床能検査) 150,000円

■胚移植周期

  妊娠反応(陽性) 妊娠反応(陰性)
SEET法 30,000円
凍結胚融解料(1個につき) 10,000円
レーザーアシストハッチング(LAH) 30,000円
胚移植費用 80,000円
妊娠成功報酬(妊娠反応陽性の場合) 80,000円 0円
合計 230,000円 150,000円

※SEET 法・ERA 検査・胚移植日が休日の場合は、20,000 円加算させていただきます。また、月~土曜日で、ご本人の都合による8 時以前および18 時以降の場合も20,000 円を加算させていただきます。
※当院の『妊娠成功報酬』は、1出産につき1回の請求です。
●すべて税別です。なお、お支払いにはクレジットカードが使用できます。

F:卵子凍結保存(社会的適応卵子凍結保存)費用

卵子の採卵 120,000円
IVM 培養液使用 20,000円
卵子凍結保存 30,000円(卵子1個につき)
凍結物(胚・卵子・精子)保管管理料(初年度) 30,000円(1年毎の更新制)
凍結物(胚・卵子・精子)保管管理更新料 30,000円(1年毎の更新制)
凍結卵子の融解費用 20,000円(卵子1個につき)

※今後、顕微授精に使用する場合には、『B:胚培養費用』および『C:顕微授精費用』等が必要です。
※凍結卵子を融解し、全ての卵子が変性し受精させることができない場合も予測されますが、費用の返金などは出来かねます。
※採卵日が休日の場合は、20,000円加算させていただきます。また、月~土曜日で、ご本人の都合による8時以前および18時以降の場合も20,000円を加算させていただきます。(休日・時間外加算)
※国からの助成は受けられません。
●すべて税別です。なお、お支払いにはクレジットカードが使用できます。

G:凍結胚の移設費用(持ち出しの場合)

事務手数料 200,000円
運搬費用 45,000円~ ※運搬はグローバル株式会社クライオセンドの利用が必須

※グローバル株式会社クライオセンドとの運搬契約は、ご本人が直接行っていただきます。
●すべて税別です。なお、お支払いにはクレジットカードが使用できます。

H:凍結胚の移設費用(受け入れの場合)

事務・連絡費用 50,000円
運搬費用 先方の医療機関様と相談します。
(タンク使用料・宅配便の往復送料などがかかります。)

●すべて税別です。なお、お支払いにはクレジットカードが使用できます。

不妊治療の助成金について

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けられたご夫婦を対象に、 治療費の助成が受けられます。

《助成を受けることができる方》

(1)治療開始の時点で、法律上の婚姻をしているご夫婦であること。
(2)助成申請の時点で、ご夫婦のいずれかー方が神奈川県(静岡県)内の市町村(横浜市・川崎市・ 相模原市・横須賀市を除く)に住所を有していること。
(3)特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の見込みがない又は極めて少ないと医師に診断されたこと。
(4)神奈川県または全国の都道府県・ 指定都市・中核市が指定した医療機関において特定不妊治療を受けたこと。
(5)前年(1月~5月に申請する場合は前々年)の所得の合計額が、ご夫婦合算で730万円未満であること。
(6)治療開始日の妻の年齢が43歳未満であること。

詳しくは、お住まいの地域の申請窓口へお問い合わせください。

助成金 お問い合わせ
神奈川県健康保険局保健医療部健康増進課 TEL.045-210-4786
小田原保健福祉事務所保健福祉課(小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町の方) TEL.0465-32-8000 (代)
小田原保健福祉事務所足柄上センター(南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町の方) TEL.0465-83-5111(代)
平塚保健福祉事務所秦野センター保健福祉課(秦野市・伊勢原市の方) TEL.0463-82-1428(代)
茅ヶ崎市保健所地域保健課(茅ヶ崎市・寒川町) TEL.0467-38-3314
市町村の上乗せ助成 お問い合わせ  <市町村名をクリックすると各自治体の詳細ページにアクセスできます>
小田原市 健康づくり課 TEL.0465-47-0820
平塚市 健康課 TEL.0463-55-2111
茅ヶ崎市 地域保健課 TEL.0467-38-3314
秦野市 健康づくり課 TEL.0463-82-9604
厚木市 こども家庭課 TEL.046-225-2241
南足柄市 健康づくり課 TEL.0465-74-2517
大磯町 スポーツ健康課 TEL.0463-61-4100
中井町 健康課 TEL.0465-81-5546
大井町 子育て健康課 TEL.0465-83-8012
松田町 子育て健康課 TEL.0465-84-5544
開成町 保険健康課 TEL.0465-84-0320
湯河原町 保健センター TEL.0465-63-2111
ページ上部へ